小学生・中学生という発達途上の子供たちは、野球やスポーツをするにも障害の予防をまわりの大人が気にしなくてはなりません。

幼いころの障害は、骨の変形も起きやすく大人になっての大きな問題になることも珍しくありません。

投球回数の制限やケア方法も少しは浸透してきましたが、まだまだ現場は知識が足りていないと思います。

子供の遊びに大人が付き合っている感覚から、さまざまな教育の場としてスポーツを考えるのか?

チームによっても、親の方針によっても考え方は変わってきますが、まじめにやっている子供たちの将来の為に最低限の知識をスポーツにたずさわる常識として普及・発展しなければならないと、医療の一端を担うものとして感じます。

中学生の野球障害に関する実態調査がまとめられていました。

興味深い内容です。ぜひお読みください。PDFはこちら